コバエ対策にはコバエの種類チェックが大切

これまでほとんど見なかったのに、今年の夏、急に悩まされたのがコバエです。
たぶんこれまで以上に暑い夏だったのに加え、秋になっても気温が高い状態が続いたことも影響していたでしょう。
それともうひとつ大きな要因は、自治体のゴミの回収曜日と回数に変更があったから。
これまで週の前半と後半に均等にあった生ごみの回収日が週後半に偏ってしまったんです。そうなると生ごみを室内に置いておく時間が増える。たった1日でも違うんですよねえ。

そこで、コバエ対策を始めました。
最初はスタンダードにスーパーでコバエホイホイを購入。コバエホイホイには5匹ほど入りこれで落ち着くかもと期待したのですが、その後さっぱり。
乾燥してしまったのかと水を霧吹きでかけてみたりしたけれど、変わらず。やっぱりそう簡単にはいかないようです。
コバエの種類がショウジョウバエであればアルコールに誘引されるということで試してみたけれどやはりいまひとつ。

どうしてだろうと不思議に思いつつ、素早く動き回るハエを本当は見たくない思いに駆られながらも辛抱してしっかり観察してみました。うん?どうも目が赤くないみたい。ちょこちょことすばしっこく歩くこのコバエ、ノミバエじゃないの?と気づいたのでした。

調べてみたところ、ノミバエは光に集まる習性があるんですね。そういえば、今年の夏の夜はなるべく健康的にエアコンは控えようと思って窓を開け網戸で過していたんです。
毎日窓を開けて網戸を閉めるまでのこのほんの一瞬の間、ここがコバエの侵入ポイントだったんです!
ちなみにコバエは光といっても紫外線に集まるのも知っておいたほうがいいですね。つまり、家の照明器具はできる限り紫外線を出さないLEDのシーリングライトなどを使うようにすると虫の侵入を防げますよ。

さて、コバエの種類がどうやらノミバエかもしれないと分かったので、今度はトラップを工夫してみようかと実践中です。
なるべく灯のすぐ下にめんつゆやお酒に洗剤を加えたトラップを置く。
それに加えて、小型の電撃殺虫器がネットショッピングで\2000~\3000ほどで販売されているのでこれを購入。(よく屋外のお店などでジリジリッと虫が電撃されているものです)
これならノミバエのみでなく他の害虫も駆除できそうです。

最近は気密性が高く室内は冬でも寒くないので、注意が必要ですね。
しっかり駆除して、キッチンを清潔に保ちたいと思います。